日々の活動をご紹介します

食の安心と安全を考えています

若い料理人たちを応援しています

「クラブ・ド・フチュール Clab de Future 」という活動は、 若手料理人育成の一環として考えられた企画です。職場の異なる六人の若手シェフ達でひとつのコースを完成させ、一般の人に提供するという内容で、会食後には各ホテルの料理長からの激励が受けられます。

DSC06308.JPGDSC06335.JPGDSC06380.JPG

新潟県氷彫刻コンテスト

今年で10回目を迎えるこのコンテストですが、当日は天気にも恵まれ、各選手達は練習の成果を表現すべく作品に取りかかっていました。 1時間10分と選手たちにとっては短い時間の中でしたが、レベルの高い内容で勝敗が決まりました。

DSC08222.JPG

DSC07112.JPG

DSC05815.JPG

夜の舗道レストラン

「新潟食の陣」の出展が終了して、地元商店街の後援から始まった事業です。市内の各ホテルが分担してメニューを提供しています。年に一度のこの事業を楽しみにしていただくお客様が増えています。

IMG_2959.JPGIMG_2948.JPGIMG_2954.JPG

秋の収穫祭

毎年恒例の企画 「秋の収穫祭」です。毎回会場をホテルで持ち回りとして、生産者と料理人の情報交換の場となっています。地産地消の理念を実践する一助となることを期待しています。

DSC06036.JPGDSC06042.JPGDSC06034.JPG

料理コンクール

新潟市内のシェフクラスの料理研究会「クラブ・デ・シェルシェ」の主催の「にいがたのフランス料理コンクール」を後援しています。テーマ食材と組み合わせながら時間内に料理を完成させる規定の中で、個々の実力を試す絶好の機会となる事が期待されます。

P1050564.JPGP1050627.JPGP1050668.JPG

産地見学会

燕三条方面の洋食器作りの現地見学会を行ないました。「ものづくり」で名高い燕三条地域ですが、「三条の鍛冶物」「燕の洋食器」の技術は世界的にも有名です。国内で90%以上という圧倒的なシェアを誇る金属食器の工場見学に、参加者全員期待に胸を躍らせてました。

DSC07459.JPGDSC07492.JPGDSC07504.JPG

ジビ工講習会

ジビエの解体講習会です。肥田野会長が調理師専門学校の生徒達の前で 本州鹿の解体と野生動物を食する尊さを説く講習会でした。

ジビエ.pngdvc00080.jpgdsc04476.jpg

ボランティア事業

新潟ライオンズクラブの主催する『新潟天使園の子供たちと海岸清掃及びバーベキューを楽しむ集い』に合同参加しました。青山海岸(旧 小針浜海岸)、海の家「ちどり」にて。

008.JPGIMG_0003.JPG041.JPG

納涼会&忘年会

会員同士の交流の場でもあり情報交換の場でもあります。

DSC00036.JPGDSC00023.JPGDSC07091.JPG